自動車保険の基礎知識:搭乗者傷害保険

車を運転する機会がある人なら必ず加入する必要があるのが自動車保険です。
自動車保険は万が一の時に加害者と被害者を守ってくれる重要なものとなります。

自動車保険には様々な種類があり、知人に車を借りたり、民間の会社から借りたレンタカーを運転する際でも
運転中に事故が合った際に補償が受けられないという事故を防ぐために短期契約できるメニューまでもあります。
(詳しくは自動車保険の手続き:知人に借りた車を短期契約したいをご覧ください。)

保険に入るさい、保証内容のなかに入れるか入れないかで迷うものが搭乗者傷害保険です。
これは事故車に乗っていた運転者以外の人が怪我をした場合に適用される保証となります。
同乗者が怪我をした場合、基本的には人身傷害補償保険で保証されますが
この保険に加入していることでさらに充実した保証内容を受けることができます。

しかし搭乗者への保証が手厚くなる分、保険金額が上がってしまいます。
この搭乗者への保険を加入するかしないかは加入する人が決めることができます。
自動車保険は加害者や被害者を守る重要なものとなります。
どのような保険に入っているかで受けられる保証も異なります。
一番重要なことは自分に一番合っている保険に加入することです。
毎月支払うものだからこそ納得のいく保険に加入する必要があります。
また店舗で加入する方法もあればネットで加入することも可能です。
ネットで加入する場合はネット割引を受けることができる場合があり、
支払う保険料を安くすることが可能な場合があります。

一番は安全運転を心がけ事故を起こさないようにすることです。