‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

ワンボックスカーなど隔壁のない荷台にいた際の事故

2014/09/14

ドライバーは自動車を走行時に保険会社と自賠責や任意保険を契約します。

 
保険料を支払っていくことで、車の走行時に何かが起こった場合に保険会社から保険金が支払われる仕組みになっています。
一方で、保険会社から保険が支払われないケースも存在しており、その判断の多くは加入者が加害者として賠償責任が発生するかどうかによって決まってきます。

 
友人や知人などが所有するワンボックスカーなどの隔壁のない荷台にいた際に起こった事故に関しては、加害者の保険から支払われません。
なぜなら、本来の車の乗り方では無く、正規の乗車用構造装置ではない場所に乗っていた為に補償が出来ないと保険会社が判断するからです。
自賠責は車に乗っている人が人を轢いたり、車に追突したりした時に責任が発生して、被害者を救済する為の仕組みであり、搭乗者傷害保険は同乗している人が法律に基づいた車の乗り方をしている際に追突などによって怪我をした際に支払われる保険です。

 

ゲートボール
ワンボックスカーの荷台は本来荷物を置く場所として設計されており、人が乗る場所としては設計されていないので、補償されないということです。
保険の約款などには様々なケースについて記載されていますが、分からないケースに関しては保険会社に問い合わせて質問するのも良いでしょう。

 

車両内の通路を歩行中のケガ

2014/09/14

車両内の通路を歩行して、ケガを負わせてしまった場合には、搭乗者傷害保険が適応されてます。

 

ドライバー自身を守ってくれる保険として注目されています。総合タイプの自動車保険に入っている場合は、中に含まれている場合があります。対象賠償保険の補償に関しては、他人が対象となります。同居の家族や、契約者本人には対象外となっています。

 

ですが、搭乗者傷害保険の場合は、契約者本人はもちろんのこと、搭乗していた人全員の補償がなされる仕組みとなっています。過失の割合が100パーセントである事故についてや、単独の事故についても補償される仕組みとなっています。治療中、損害額が確定する前に、保険金を受け取ることができ、保険を使用したとしても、等級が下がらないのもポイントのひとつとなっています。

 

 

契約者の座席に正しく乗車している際の補償ですので、他人の車に乗っている時は対象にはなりません。その他、車に乗る際のドアが関係している事故や、歩行中における事故の場合の扱いは、保険会社によって異なりますので、契約時にはチェックをすると良いでしょう。搭乗者損害保険は、一般的には1000万円で契約をすることとなっており、ダメージを受けたからだの部位、症状などによって支払いの額が決まっています。

保険会社により保険金が支払われるかどうか判断が異なるケース

2014/09/14

車は公道を走っているので、信号のある場所や交差点など歩行者が多くいる場所を走ったり、高速道路で速度を出して走行したりするので、稀に事故に遭う可能性があります。

 
万が一の為にドライバーは保険会社と自動車損害補償責任保険を契約することになっており、さらに任意保険を付け加えることが多々あります。
保険が必要になった場合に、保険会社に保険金を請求することになりますが、このお金が支払われる判断が異なるケースがあります。
支払われない判断の代表的なものとしては、加害者に賠償責任が発生しないケースです。

 
被害者の不注意で正常に停止していた加害者の車に追突して死傷したり、青信号に従って走行していた加害者が信号無視をして侵入してきた被害者の車に追突されてきたりといった事例が該当します。

 
また、自損事故や自動車が走行していない状態での事故、持病による発作での事故についてもお金が支払われません。
つまり、お金が支払われるかどうかの判断は、加害者が責任を負う必要があるのかどうかによって決まることがほとんどです。
走行時の状況はドライブレコーダーに記録されることが多くなっており、保険会社はこの映像を含めて総合的に事故を検証して事例に合った金額を支払うことになっています。

地震、噴火、津波

2014/09/14

テクノロジーが発達した現代においても、人間の力ではコントロールできないものがあります。

 
それが、自然です。

 
自然は、時に人間の生活に対して脅威となることがあります。
その力は凄まじく、被害を防ぎ切れない場合も多いのです。
自動車保険において、この自然の驚異による損害が、補償の対象となる場合と、ならない場合があります。
たとえば、台風によって路上の看板などが飛んできて車にぶつかり、車体が損傷を受けた場合は、車両保険の補償の対象となります。
この一方で、地震や火山の噴火、津波といった大きな自然災害については、補償の対象となりません。
あまりにも強大な自然の猛威については、保険では対応できないのです。
この条件は、事故などによって搭乗者が死傷した時などに保険金が支払われる、搭乗者傷害保険にも当てはまります。
たとえば、台風で物が飛んできて、車の窓ガラスが割れて搭乗者が怪我をした場合は、保険の補償対象となります。
しかし、地震の影響で車が横転して搭乗者が怪我をした場合は、補償の対象にはなりません。
このほか、高潮による被害は自動車保険の対象となりますが、津波による被害は対象となりません。
自動車保険を契約する際は、こうした被害に関する補償範囲をチェックしておくことが肝要です。

車両から降車後の事故

2014/09/14

車を運転しているときや乗車中の時、乗車していた車が事故を起こしてしまうときがあります。

 
その時は相手とのやりとりが必要になったり車の状態を確かめるために車から降車する人がほとんどです。

 
しかしこの降車後にさらに後続車との接触で怪我をしてしまう人も少なくありません。

 
しかし自動車保険は乗車中の怪我などを補償するため、降車後の怪我などについては補償されないのが一般的です。
そのため車から降りる場合、周りの環境を十分に確認してから降車する必要があります。
車は生活していく中でとても便利な道具となりました。しかし大きな怪我をする可能性もある道具でもあります。
運転する人は危機感を持ちながら運転する必要があります。

 
また加入が義務付けられている自動車保険の内容によっても支払い金額により補償内容が異なるのが一般的です。
加害者と被害者を守る重要な保険だからこそ自分が納得したものに加入することが重要です。

 
また毎月支払うものだからこそ無理なく支払うことができる金額にすることも重要です。
一番は安全運転をすることが重要です。車に乗車し万が一のことが起きてしまった場合、人生が変わってしまう可能性もあります。
そうならないためにも無理な運転はせずに自分のペースで運転することが重要です。

保険金が支払われないケース

2014/09/14

搭乗者傷害保険とは、保険に加入している車の搭乗者が交通事故で怪我をしたり死亡した時に、過失の有無に関係なく補償される保険のことです。
搭乗者に含まれるのは、運転者はもちろんですが、助手席や後部座席に乗った同乗者全員となります。
この保険の特徴は、自分に過失があってもなくても、搭乗者が怪我や死亡してしまった場合は全て補償の対象となり、さらに保険を請求しても等級が下がらないことです。

アメフト02
また加害者からの損害賠償や自賠責保険、各種傷害保険などとは関係なく補償が受けられるのも特徴です。

 
このようなことから搭乗者傷害保険は、加入者にとってかなり大きなメリットのある保険といえますが、中には保険金が支払われないケースもあります。
例えば、暴走行為中の事故やふざけて車から身を乗り出して怪我をしたり、トラックの荷台に乗っていて怪我をしたなどというように違法乗車をしていての怪我や死亡事故、また飲酒運転をしていた場合などは搭乗者傷害保険が適用されませんのでお金が支払われることはありません。

 
つまり、搭乗者傷害保険が適用されるのは、搭乗者が正しく交通ルールに則って自動車に乗車をしていた場合に限っており、違法な乗車の仕方をしていた場合には適用されないのです。

 

台風、洪水、高潮

2014/09/14

車両保険とは、自分のミスが原因で車を壊したり、当て逃げなどのように加害者が特定できない場合でも支払われる保険です。
車両保険に加入をしているかといって、どんな事故でも、どんな状況下においても支給対象となるのではありませんので、後悔をしないためにもパンフレットはよく目を通しておく必要があります。アメフト01

 

 

では車両保険において、保険金が支払われるケースと支払われないケースの前に車両保険のタイプについて確認しておきます。
車両保険のタイプとしては、当て逃げなど幅広く補償されるもので、もう一方は補償内容が限定されるが、その代わりに保険料が安くなるといった限定タイプのものがあります。

 

 

車両保険が適用にならないケースとしては、天災などの自然災害です。
日本では、島国であり、台風や地震・噴火・津波が頻繁にありますが、対象外といわれています。
又、戦争や紛争が原因となった事故については、保険金支払いの対象外です。

 

 

台風・洪水・高潮については、車両保険のタイプにより支払われるケースがありますが、地震・噴火・津波は免責事項です。
ドライバーが無免許・酒酔いなどの不法運転においては車両保険は対象外ですが、対人や対物については、被害者保護の立場から保険金が支給されます。

正しく座席に座っていた際の交通事故によるケガ

2014/09/14

車に乗る際は、必ず付けてほしいシートベルト。運転席、助手席だけでなく後部座席でも着用義務が法律で決まったのは、記憶にも新しいのではないでしょうか。しかし、外から見えにくいから、面倒だからという理由で着用率はそれほど高くないそうです。

アイススケート02
シートベルトは「法律で決められているから」付けるのではなく、万が一の際を考えて自分の体を守るために付けるといった意識改革が必要です。実際、着用した場合としていなかった場合交通事故のの死亡率は10倍ほどに跳ね上がりますし、着用さえしていれば無傷・軽傷で済んだというケースも少なくありません。

 
また、チャイルドシートも同様です。まだシートベルトの規格に体が合わない子供のために使用するためのものですので、シートを車に付けていても取り付け方法や着用方法が間違っていたら安全性も半減です。特に、シートに乗せただけでベルトをきちんとつけていなかった場合、効果は全く期待することが出来ません。未着用はもちろん、誤った着用で怪我をしたり命を落とす赤ちゃんもとても多いのです。もちろん、体が大きくなってから使う座面タイプやイスタイプも、子供の体格に合ったものを選ばないと逆に怪我の原因にも成ってしまいます。

 
罰金や点数のためではなく、安全に車に乗るために意識的に着用をしていきたいものですね。

保険金が支払われるケース

2014/08/04

搭乗者傷害保険というのは、保険に加入している車に乗っていた搭乗者が交通事故で怪我をしたり、死亡してしまったときに加害者か被害者に限らずまたは過失の有無にかかわらず保証される保険です。

 
ただ、どんな場合にも補償金が受けられるわけではなく、搭乗者傷害保険が支払われる条件は、大まかにいうと違法な乗り方をしていて交通事故を起こした場合には補償は受けられないことがあります。

 
違法な改造を行った安全上問題のある車両であったりだとか、道路交通法を無視した違法運転中であったり、トラックの荷台や乗用車に箱乗りしていたなどの違法な行為があった場合は補償されません。

 
また、当然飲酒運転をした場合にも搭乗者傷害保険の補償は受けられません。これらの違法な行為がなければ、搭乗者に該当する運転者を含めた助手席、後部座席に乗っていた人たちすべてが、補償の対象となります。

 
搭乗者傷害保険は、自分に過失がなくても同乗者が怪我をしたり死亡した場合補償の対象となり保険金請求を行っても等級が下がることはありません。

 
また、搭乗者傷害保険は、加害者側の保険会社から補償金の支払いを受けた場合にも比較的簡単に補償が受けられます。被害者側の治療費などの損害がまかなえる場合でも支払いを請求しておいたほうが良いでしょう。

アイススケート01