保険金が支払われるケース

搭乗者傷害保険というのは、保険に加入している車に乗っていた搭乗者が交通事故で怪我をしたり、死亡してしまったときに加害者か被害者に限らずまたは過失の有無にかかわらず保証される保険です。

 
ただ、どんな場合にも補償金が受けられるわけではなく、搭乗者傷害保険が支払われる条件は、大まかにいうと違法な乗り方をしていて交通事故を起こした場合には補償は受けられないことがあります。

 
違法な改造を行った安全上問題のある車両であったりだとか、道路交通法を無視した違法運転中であったり、トラックの荷台や乗用車に箱乗りしていたなどの違法な行為があった場合は補償されません。

 
また、当然飲酒運転をした場合にも搭乗者傷害保険の補償は受けられません。これらの違法な行為がなければ、搭乗者に該当する運転者を含めた助手席、後部座席に乗っていた人たちすべてが、補償の対象となります。

 
搭乗者傷害保険は、自分に過失がなくても同乗者が怪我をしたり死亡した場合補償の対象となり保険金請求を行っても等級が下がることはありません。

 
また、搭乗者傷害保険は、加害者側の保険会社から補償金の支払いを受けた場合にも比較的簡単に補償が受けられます。被害者側の治療費などの損害がまかなえる場合でも支払いを請求しておいたほうが良いでしょう。

アイススケート01

 

コメントは受け付けていません。