車両内の通路を歩行中のケガ

車両内の通路を歩行して、ケガを負わせてしまった場合には、搭乗者傷害保険が適応されてます。

 

ドライバー自身を守ってくれる保険として注目されています。総合タイプの自動車保険に入っている場合は、中に含まれている場合があります。対象賠償保険の補償に関しては、他人が対象となります。同居の家族や、契約者本人には対象外となっています。

 

ですが、搭乗者傷害保険の場合は、契約者本人はもちろんのこと、搭乗していた人全員の補償がなされる仕組みとなっています。過失の割合が100パーセントである事故についてや、単独の事故についても補償される仕組みとなっています。治療中、損害額が確定する前に、保険金を受け取ることができ、保険を使用したとしても、等級が下がらないのもポイントのひとつとなっています。

 

 

契約者の座席に正しく乗車している際の補償ですので、他人の車に乗っている時は対象にはなりません。その他、車に乗る際のドアが関係している事故や、歩行中における事故の場合の扱いは、保険会社によって異なりますので、契約時にはチェックをすると良いでしょう。搭乗者損害保険は、一般的には1000万円で契約をすることとなっており、ダメージを受けたからだの部位、症状などによって支払いの額が決まっています。

コメントは受け付けていません。