地震、噴火、津波

テクノロジーが発達した現代においても、人間の力ではコントロールできないものがあります。

 
それが、自然です。

 
自然は、時に人間の生活に対して脅威となることがあります。
その力は凄まじく、被害を防ぎ切れない場合も多いのです。
自動車保険において、この自然の驚異による損害が、補償の対象となる場合と、ならない場合があります。
たとえば、台風によって路上の看板などが飛んできて車にぶつかり、車体が損傷を受けた場合は、車両保険の補償の対象となります。
この一方で、地震や火山の噴火、津波といった大きな自然災害については、補償の対象となりません。
あまりにも強大な自然の猛威については、保険では対応できないのです。
この条件は、事故などによって搭乗者が死傷した時などに保険金が支払われる、搭乗者傷害保険にも当てはまります。
たとえば、台風で物が飛んできて、車の窓ガラスが割れて搭乗者が怪我をした場合は、保険の補償対象となります。
しかし、地震の影響で車が横転して搭乗者が怪我をした場合は、補償の対象にはなりません。
このほか、高潮による被害は自動車保険の対象となりますが、津波による被害は対象となりません。
自動車保険を契約する際は、こうした被害に関する補償範囲をチェックしておくことが肝要です。

コメントは受け付けていません。