保険会社により保険金が支払われるかどうか判断が異なるケース

車は公道を走っているので、信号のある場所や交差点など歩行者が多くいる場所を走ったり、高速道路で速度を出して走行したりするので、稀に事故に遭う可能性があります。

 
万が一の為にドライバーは保険会社と自動車損害補償責任保険を契約することになっており、さらに任意保険を付け加えることが多々あります。
保険が必要になった場合に、保険会社に保険金を請求することになりますが、このお金が支払われる判断が異なるケースがあります。
支払われない判断の代表的なものとしては、加害者に賠償責任が発生しないケースです。

 
被害者の不注意で正常に停止していた加害者の車に追突して死傷したり、青信号に従って走行していた加害者が信号無視をして侵入してきた被害者の車に追突されてきたりといった事例が該当します。

 
また、自損事故や自動車が走行していない状態での事故、持病による発作での事故についてもお金が支払われません。
つまり、お金が支払われるかどうかの判断は、加害者が責任を負う必要があるのかどうかによって決まることがほとんどです。
走行時の状況はドライブレコーダーに記録されることが多くなっており、保険会社はこの映像を含めて総合的に事故を検証して事例に合った金額を支払うことになっています。

コメントは受け付けていません。