保険金が支払われないケース

搭乗者傷害保険とは、保険に加入している車の搭乗者が交通事故で怪我をしたり死亡した時に、過失の有無に関係なく補償される保険のことです。
搭乗者に含まれるのは、運転者はもちろんですが、助手席や後部座席に乗った同乗者全員となります。
この保険の特徴は、自分に過失があってもなくても、搭乗者が怪我や死亡してしまった場合は全て補償の対象となり、さらに保険を請求しても等級が下がらないことです。

アメフト02
また加害者からの損害賠償や自賠責保険、各種傷害保険などとは関係なく補償が受けられるのも特徴です。

 
このようなことから搭乗者傷害保険は、加入者にとってかなり大きなメリットのある保険といえますが、中には保険金が支払われないケースもあります。
例えば、暴走行為中の事故やふざけて車から身を乗り出して怪我をしたり、トラックの荷台に乗っていて怪我をしたなどというように違法乗車をしていての怪我や死亡事故、また飲酒運転をしていた場合などは搭乗者傷害保険が適用されませんのでお金が支払われることはありません。

 
つまり、搭乗者傷害保険が適用されるのは、搭乗者が正しく交通ルールに則って自動車に乗車をしていた場合に限っており、違法な乗車の仕方をしていた場合には適用されないのです。

 

コメントは受け付けていません。