ワンボックスカーなど隔壁のない荷台にいた際の事故

ドライバーは自動車を走行時に保険会社と自賠責や任意保険を契約します。

 
保険料を支払っていくことで、車の走行時に何かが起こった場合に保険会社から保険金が支払われる仕組みになっています。
一方で、保険会社から保険が支払われないケースも存在しており、その判断の多くは加入者が加害者として賠償責任が発生するかどうかによって決まってきます。

 
友人や知人などが所有するワンボックスカーなどの隔壁のない荷台にいた際に起こった事故に関しては、加害者の保険から支払われません。
なぜなら、本来の車の乗り方では無く、正規の乗車用構造装置ではない場所に乗っていた為に補償が出来ないと保険会社が判断するからです。
自賠責は車に乗っている人が人を轢いたり、車に追突したりした時に責任が発生して、被害者を救済する為の仕組みであり、搭乗者傷害保険は同乗している人が法律に基づいた車の乗り方をしている際に追突などによって怪我をした際に支払われる保険です。

 

ゲートボール
ワンボックスカーの荷台は本来荷物を置く場所として設計されており、人が乗る場所としては設計されていないので、補償されないということです。
保険の約款などには様々なケースについて記載されていますが、分からないケースに関しては保険会社に問い合わせて質問するのも良いでしょう。

 

コメントは受け付けていません。