台風、洪水、高潮

車両保険とは、自分のミスが原因で車を壊したり、当て逃げなどのように加害者が特定できない場合でも支払われる保険です。
車両保険に加入をしているかといって、どんな事故でも、どんな状況下においても支給対象となるのではありませんので、後悔をしないためにもパンフレットはよく目を通しておく必要があります。アメフト01

 

 

では車両保険において、保険金が支払われるケースと支払われないケースの前に車両保険のタイプについて確認しておきます。
車両保険のタイプとしては、当て逃げなど幅広く補償されるもので、もう一方は補償内容が限定されるが、その代わりに保険料が安くなるといった限定タイプのものがあります。

 

 

車両保険が適用にならないケースとしては、天災などの自然災害です。
日本では、島国であり、台風や地震・噴火・津波が頻繁にありますが、対象外といわれています。
又、戦争や紛争が原因となった事故については、保険金支払いの対象外です。

 

 

台風・洪水・高潮については、車両保険のタイプにより支払われるケースがありますが、地震・噴火・津波は免責事項です。
ドライバーが無免許・酒酔いなどの不法運転においては車両保険は対象外ですが、対人や対物については、被害者保護の立場から保険金が支給されます。

コメントは受け付けていません。